MAD et LEN

MAD et LEN

南仏の人里離れた山村、サン・ジュリアンで作られる『MAD et LEN(マド エ レン)』。そのユニークな名前の由来であり製品開発のコンセプトにもなっているのは、マルセル・プルースト 著『失われた時を求めて〜第1章スワン家のほうへ〜』 の冒頭「mad.len(madlene)」にある、“マドレーヌをお茶に浸して食べたたことから過去の記憶が一気によみがえる”というマドレーヌのエピソードです。『MAD et LEN』は、花や木・茎などから蒸留抽出した香りを手作業で染みこませる昔ながらの製法を用い、キャンドルを容器に注ぐのも、香水をブレンドするのも、パッケージやラベルの製作もすべて職人の手によって行われています。そのコレクションはすベてが限定品。アポカセリー(薬局)のように、注文を受けてからひとつひとつ手作業で製造される特別な商品です。

商品が見つかりませんでした